「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
fiori a.k.a.花ヲ
hanawo.exblog.jp
Hanawo "the COMMONER"
2015年11月24日 更新


花ヲ(a.k.a. fiori W.)
みずとひの
ことばとおとに
たびすれば
みちなきみちの
さきにひとなし


i'm a singer,song writer,arranger,
lyricist and multi instrumentalist.
Tokyo Japan

hanawo@silk.ocn.ne.jp


c0107446_11245825.jpg





recorded "live"art and music
by Rotten:painting Hanawo:music
in "NO FACTORY"at FIREBIRD Mar 8, 2016.
all music improvise by Hanawo(voice and loop machine)

SOUND LINKS:

sound cloud→
acoustic guitar solos→
Japanese old songs on piano→
ambient guitar tunes→
Buddhist chants & piano→

LIVE SCHEDULE:

c0107446_10544371.jpg


3/8(火曜日)新松戸FIREBIRD presents
"NO FACTORY アートx音楽イベント”
OPEN 16:00 START 16:30
チケット代: 前売\2500 当日:\3000
※+1DRINK CHARGE
スタート前ご来場の方には1ドリンク追加サービス

【ライブペイティング】
・ユキンコアキラ
・ロットン瑠唯 x hawao
・リン(COMezik)
・臥狂 VS 川サキ(書道xドラム)

【ミュージック】
・JIGENN
・砂利道
・朱音
・be-color
・Pygmy Regret
・対tui

【タイムテーブル】
16:30-16:55 砂利道
RED 17:05-17:30 朱音
17:30-17:55 be-color
FLOOR 18:05-18:30 リン(COMezik)
18:40-19:05 Pygmy Regret
FLOOR 19:15-19:40 ロットン瑠唯 x hanawo
19:45-20:10 対tui
FLOOR 20:15‐20:40 ユキンコアキラ
20:50‐21:15 JIGENN
FLOOR 21:25‐21:50 臥狂VS川サキ

bar time 22:00

sound bar FIREBIRD
〒270-0034 千葉県松戸市新松戸2-118 新松戸ビル5F
tel/fax 047-347-9669 / mail:firebird@aj-group.co.jp
HP http://www.aj-group.co.jp/firebird.html

c0107446_1058231.jpg


MUSICAL WORKS for video
as fiori W.:


c0107446_136293.jpg

Differenze - Teatro Contatto 32 start video

c0107446_13174552.jpg

innerlights (for Zink Magazine) start video

c0107446_1331254.jpg

Hector start video

c0107446_13595783.jpg

CHARLIE LE MINDU & GALLERY LAFAYETTE start video

CD's:



piano solo album『新しい星の名前』

~夕日の中に朝日の面影を見るように~
作曲/編曲/ピアノ演奏:花ヲ 
録音:平成27年 5/12、5/14 
場所:カトリック世田谷教会 EASTEIN GRAND PIANO※

かつて、日本に、独自の方でピアノを作る人々がいた。
ただいい音のために。それが敗戦への答えだと信じて。
二・二六事件ゆかりの人々によって作られた、
宇都宮の小さなピアノメーカー

『EASTEIN〜イースタイン』

くぐもっているけどあったかい、例えばハープのようなその音と、
イースタインにまつわる物語を紡いだ音達は、
静かで、時々、消え入りそうなくらいに切なかったりします。
それでも、夕日の中に朝日の面影を見るように、
希望の光をこの音楽の中にみつけてもらえたら。
これは、17のオリジナル曲で紡いだピアノによる詩集。
そして、ピアノにまつわる架空の映画のサウンドトラック。

曲目:
うつむく道
歓喜の夏
風の強い日
静かな出会い
ずっと前の痛み
雲の行方
新しい星の名前
巡らす憶い
夜明け前の旅立ち
甘い感傷
お天気雨
告白のことば
海に憑る月
微かな疑い
季節が変わる気配
忘れないこと
出会いを信じて

制作協力/販売 オトノマド
http://www.otonomad.com

※イースタイン (EASTEIN)は、ピアノのブランド名であり、
かつて宇都宮市にあった東京ピアノ工業が製造販売していた。

参考文献
『響愁のピアノ イースタインに魅せられて/早川茂樹、』
随想社、1997年12月26日、ISBN 4-88748-004-0


『風の音』ambient organ
¥1,500w/Tax


c0107446_22443615.jpg


即興演奏のpipe organ による、
AMBIENT~MINIMAL~DRONE音響集。


[track list]

1) 空を憶う 15:47 試聴(抜粋)
2) 思い出せない事 8:02
3) 待ちぼうけ 5:23
4) うわさ話 11:36
5) 時間の謎 9:37
6) 連続夢 10:27

●使用楽器
Oberlinger社製チェストオルガン。
●録音場所
カトリック世田谷教会。

all compositions and arrangement,
pipe organ improvised by
fiori wakakuwa


『水の弦』guitar loops
¥1,500w/Tax


c0107446_22523695.jpg


YAMAHAの古いfolk-guitar と、
LOOP MACHINE による即興演奏。

[track list]

1) 海洋生物 6:45 試聴(抜粋)
2) 木漏れ日 6:46
3) 本当の憂鬱 8:35
4) だまし絵美術館 3:51
5) 人工的な湖 6:15
6) 東日 6:19
7) 心に降る雪 5:27
8) 昆虫の期節 5:38
9) 日常の狭間 6:53
10) 濁った波紋 4:35
11) 無くなった遊園地 6:33
12) 最初の傷 7:12

all compositions and acoustic guitar loops
by fiori wakakuwa


YOU TUBE:



WORDS:

『地球と交わった夜』自動筆記による即興詩
平成27年7月1日 16:30〜17:00

廃業したガスステーションに止めてある銀色のトレーラーに気を取られている隙に/目もくらむ早業で俺はそいつの横をすり抜けた/そいつは赤いトマト汁を垂れ流しながら酷く猥褻にこちらを見て笑った/がきんちょの悪いところは軽い頭で逆立ちすることだ/壁に書いたスローガンにむけそいつは水鉄砲を打つ/苛立った俺はそいつのチャリをクラッシュ/音もなく潰れ茶色い虫の子供達がそこから湧き出た/虫たちがちりじりに走っていくひびの入った道路の両側には有刺鉄線/右が使われていない広大な軍用地で左には中途半端に草の生えた砂漠が広がる/スタンドのない俺のチャリを道端に置き去りにして有刺鉄線の裂け目から砂漠に入り/給水塔とガスタンクとスクラップ工場を抜けて目的地を目指す/サボテンの林を過ぎ三つの丘を越えしょぼい洞窟をくぐるともう一つの町がある/町の入り口にはNEW WHITE ROADの看板/それがこの町の名前なんだろう/ころがる植物に寂れたバーに馬のいない馬屋/うってつけの道具立てにおれはうっとりして微妙に失禁/メインストリートの突き当たりには水の出ない噴水広場と教会/聖堂を回り込んだ窪地に水草の浮いた汚い緑色の池があり/果たしてその向こう岸に『ベルベットの言い訳』とゆうその店はあった/バルコニー付きの二階建ての南部風の白い建物には窓がたくさんあり/全ての窓を違う色のカーテンが閉ざしていた/趣味の悪い紫の開き扉をあけると大きな階段に面した広間/下着にキモノ風ガウンのじいさんが出てきてこちらへ笑いかけたが目は左右で違う方向を見ている/誰かがここへ来る目的は一つしかないので向こうもこっちも無駄な時間は使わない/じいさんは二階を指差し黄色いキーを渡すので大げさな階段を上って二階へ行く/二階には赤い扉の部屋緑の扉の部屋黒い扉の部屋オレンジ色の扉の部屋水色の扉の部屋茶色い扉の部屋/そして西側の端に黄色い扉の部屋がありその鍵穴に黄色いキーを挿して回しそのまま扉をあける/そこは崖のふちになっていておれはそこからジャンプ/エメラルドグリーンと乳白色が混ざり濁った水に飛び込む/少し冷たいが心地いいその谷間の池にはカリフォルニア娘が三人/トップレスに下の水着はつけていてやたら健康的にビーチボールで遊んでいる/そのうちこちらに気がつき笑うのをやめ手招きする/近づいていくと一人は顔にうっすらヒゲがあり一人は右目が義眼一人はアジア系と白人の混血/あっというまにずぶ濡れのおれの服を脱がしてしまい池の向こう側の谷底へ捨てる/おれはそいつらの下の水着を全部脱がし谷底へ投げ捨てる/いっせいに笑い出すその顔がさっきのがきんちょを思い出させ俺はすっかり気分が悪くなる/ちぇっ!あのクソガキと悪態をついたのもつかのま女どもはおれからあらゆるものを搾りとろうとする/命からがら岸へ這い上がるとあたりは薄暗くなり始めていた/名前のわからない虫たちの鳴き声とオレンジ色からバイオレットの無段階グラデーションの空の色を眺め/おれは自動的に全ての体液を大地へ返した/GOD SPEED!地球と交わった夜。


c0107446_17514217.jpg


∞OmHitoSovakha∞
[PR]
# by sekaishominhanawo | 2015-12-01 22:37